廃棄物処理

医療廃棄物 電子マニフェストシステム

医療廃棄物 電子マニフェストシステム

保事協では平成23年3月1日から、医療機関より排出される医療廃棄物を適正に処理するための電子マニフェストシステムをスタートいたしました。

電子マニフェストシステム(JWNET)とは・・・

マニフェスト情報を電子情報化し、排出事業者・収集運搬業者・処分業者の3者間で、情報処理センタ-を介して、マニフェスト情報のやり取りを行うことです。

パソコンやインタ-ネット環境がなくても利用できます

収集運搬業者の携帯電話から、情報処理センタ-に排出内容を送信します
※収集時に業者の携帯電話からデ-タを送信する事により、「紙マニフェスト」の替わりとなります
※医療機関にパソコンがなくても簡単操作でご利用いただける「環境ガ-ドシステム」を介してご利用いただきます

電子マニフェストシステムの使用料は指定業者が負担します

員外の方は、初回のみ登録料の一部(1,080円)をご負担いただきます

紙マニフェストの管理・保存(5年間)が不要になります

医療機関での紙マニフェスト保存に代わって、情報処理センタ-がデ-タを5年間管理・保存します

毎年報告義務のある「産業廃棄物管理票交付等状況報告書」の提出が不要になります


セキュリティーは万全です

情報処理センタ-は、環境大臣から全国で唯一指定された(財)日本産業廃棄物処理振興センタ-(JWNET)が、運営を行っていますので安心・安全です